サイト内検索 powered by Google

1.まず、最初に

まず、最初に、ぼくがこれまで考えてきたことを文章にして残すという示唆を与えてくれた太宰治、そして、音楽を通してぼくに生きる意味さえ教えてくれた数多くの音楽家とそのスタッフのみなさんに感謝の気持ちを述べます。

ぼくはこのホームページにおいて嘘、心にもないことを書くという意味においての嘘は書きません。ぼくは自分のために自分の考えてきたこと、今考えていることを書くためにこのホームページを開設しました。ぼくはここで、他ならぬぼくのためにぼくの思ったことを文章化します。そして、ぼくはこのホームページでは匿名の個人です。他人の目など気にする必要はない。自分に嘘をつくということは、やはりあり得る。ぼくの知識不足、知識のあいまいさのために心ならずも真実と異なることを書くかもしれない。しかし、少なくとも、心にもないことを書いて、自分を虚飾するという意味の嘘は書かない。そのつもりです。もちろん、ホームページを開設する以上、だれかがアクセスして、ぼくの文章を読む可能性はある。そのことは当然、想定しています。だれかに読んでほしいという気持ちも、やはりある。でも、その可能性があるというだけで十分です。実際にだれかが読むかどうかについて、あまり興味はない。それが正直なところです。

このホームページをつくるに至った細かな経緯とか、ぼくが音楽以外のことでどういうことを考えてきたかとかを書くと、とてつもない長文を書くことになりそうです。だから、今は少しだけ書くにとどめます。ただ、いつかきちんと書くつもりです。

ぼくは、物心ついた頃からの歌謡曲ファンです。いろいろな曲を聴き、いろいろな思いを抱いてきました。学生時代には、「オリコン通信」に「とろりん村のとろり」のペンネームで投稿したりしていました。しかし、マスメディアへの投稿である以上、そこにはおのずから制約があった。自分の思っていることを書ききれないという思いが常にありました。しかも、「つとめ人」になってからのここ10年間というもの、それすらしなくなってしまった。そこで、今回、ひとつにはぼくの音楽に対する思いをぶちまける場として、このホームページをつくることにしたわけです。どんな内容にするかについて今のところ確固たるものはありません。書きながら考えていこうと思っています。ただ、おおざっぱにいって、次のようなものになろうかと思います。

梅木マリや伊藤アイコから北岡夢子や田村英里子に至るまで歌謡曲、および女性アイドル音楽を中心に、自分の興味のおもむくままに書いていく。
ぼくは音楽が好きなので、アイドルであってもあくまで音楽面からのアプローチを行う。
もちろん、その他のジャンルの音楽でも、好きなものはとりあげる。

12.1.14 とろりん村のとろり

歌謡曲、女性アイドル音楽...etc「モナ・ムール!歌謡ポップス」 新キャプチャー画像集 「モナ・ムール!歌謡ポップス」EP盤のコレクションと、そのレビュー キャプチャー画像集 随筆集


過去の掲示板(2) 新キャプチャー画像集INDEX 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EP1 EP2 EP3 EP4 EP5 EP6 EP7 EP8 bbs1 bbs2